ルディ/涙のウイニング・ラン

本作は、1993年に製作されたアメリカのスポーツ映画。
ベースは実話。「最も素晴らしいアメフト映画」と評される本作、監督はデヴィッド・アンスポー。

工夫を父に持つ兄弟の次男にして主人公、ルディ(ショーン・アスティン)は幼い頃から、インディアナ州の名門大学ノートルダム大学のフットボールチーム「ファイティング・アイリッシュ」に憧れを抱き、必ず入ると口に出していた。

小柄でフットボール向きではない身体な上、学業成績の悪さ、経済事情に家族の反対に遭い、大学進学は思うようにいかない。

だが、ルディは諦めなかった。ノートルダム大学を訪ね、チームのコーチに会い、更に無償でバイトもするという。そして必死の勉強の末。進学したホーリークロス短期大学から転入を認められることに。

だが、そこでは中々試合にも出れず……。

アメフト映画も何本か見た事ありますが、確かに名作だと思います。アフメトに向かないルディ。
彼には幾多の困難が待ち構えていますが、全て努力で乗り越えていきます。

彼の不屈の精神、根性は見ている我々が共感する事が出来ます。そこにこの映画の魅力はあります。それ故に彼を応援する友達が一人、二人と現れ……クライマックスでは鳥肌が立つでしょう。
大阪府 引越し 見積もり